2009年02月20日

不況に強い業界とは3

こんばんは。ようやく2月最初のエントリーです。
大分スローモーになって参りましたスライルです。

中川さん(前財務・金融担当相)のG7会合後の記者会見は、正直大爆笑です。「あのーふぅ」「G20」は名(迷)言ですね(゚∀゚)

国辱だと言う人もいましたが、私はそこまで責めなくてもいいんじゃないかと思います。何か愛すべきキャラクターに見えましたが。。。あまり書くと怒られそうなのでこれくらいにしておきます。

さて、3月期の決算を迎えて、どの業種も下方修正の発表ばかりしていますが、これから伸びそうな業種ってどこなんですかね。私なりにちょっと考えてみました。

まずは、インフラ系でしょう。電気、ガス、水道、鉄道などのインフラは、生活に不可欠なものであり、需要が途絶えることはありません。株価は今は下がっていますが、また盛り返すと見ています。

エネルギー関連も良さそうです。原子力や燃料電池、そして注目は太陽エネルギーです。その意味ではエコ関連もいいですね。医療も不景気に左右されにくそうです。

そして農業です。日本の食糧の自給率は、現在40%といわれています。外国から輸入できなければ、生きてゆくことができません。土地も失業者も余っているようだし、将来は農業が人気業種になるかもしれませんね。

参考までに、調子の良い業界を知るには、求人誌を見るとわかるそうですよ。不況期に採用する会社こそ本当に実力のある会社だからです。ただし、毎回求人募集している会社は別ですが。。。

ちなみに今、特に厳しい業界は「不動産(建設)」「出版(広告)」「IT」だそうです。これらの業種に対しては、銀行はお金を貸したくないそうですよ。私は出版業界にいるので、ホント人事じゃないです(;´Д`)

それではまた!

ブログランキングに参加しています。1日1回のクリックお願いします!
人気ブログランキングリンク用バナーくつろぐリンク用バナーブログランキング・にほんブログ村へ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
管理人の使用口座

■SBIイー・トレード証券
業界No.1の口座数を誇るネット証券。株の売買手数料が格安なので、スライルもほぼ毎日使っています。昨年度から逆指値やPTS(夜間取引)もできるようになり、ますます使い勝手がよくなりました。デイトレード、スイングトレードの人には、特にお勧めです。

■マネックス証券
手数料は高いのですが、取扱商品が豊富で注文方法も多彩。ツイン指値と最大30日間有効の注文ができるのは大変便利です。他ではない貸し株サービスもやっています。投資情報も充実しているので、中・上級向けの方でも満足できるでしょう。スライルは投資信託(「インデックスTSP」「HSBCチャイナ・インドオープン」)の積み立てで使っています。

■セゾン投信
さわかみ投信、米バンガード社と組み、低コストの投資信託(ファンド・オブ・ファンズ)を直販しています。大人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、信託手数料が何と0.4935%!しかも5000円から積立でき、株と債券の比率が50%ずつで、世界の市場に分散投資してくれます。もちろん、スライルも毎月購入しています。

お知らせ
当ブログはリンクフリーです。
一見さんも大歓迎です(^▽^)/

管理人へのお問い合わせは
surairuinvest☆yahoo.co.jp
☆を@に変換して下さい。

スポンサードリンク