2010年03月

2010年03月14日

新興国への分散投資を考える

こんばんは。ご無沙汰です。
花粉症がピークの時期ですが、薬で何とかしのいでいます。

大河ドラマの影響もあり、龍馬の関連グッズが好調みたいです。「坂本龍馬の真実」(ベストセラーズ)という本が、なんと40万部以上も売れているそうです。不況のこんな市況だからこそ、龍馬にあやかりたいですね。

さて、トヨタショックの影響もあり、市場が停滞しています。セゾンバンガードも、毎月2万円ずつの積み立てで、わずか+8000円だし(マイナスにならないだけいいのか?)、長期投資とはいえ、にわかに心配になってきました。

我が日本に目を向けると、リストラ、ワーキングプア、少子化。。。と景気に上がり目を感じません。アメリカもリーマンショック以降、衰退の一途を辿っています。

今までポートフォリオを組むにあたって、先進国への投資比率を多くするのが常道でした。ただ、ここにきて新興国の比率をもっと上げたほうがいいのではないか、という思いが沸いてきました。中国やインドはもちろん、ロシアやブラジルなんかも、まだまだ伸びしろがあるように思います。

そこで、今のポートフォリオに、シティグループ世界国債インデックスに連動する「STAM 新興国株式インデックス・オープン」を毎月1万円追加購入しようと思っています。

信託報酬は昨年10月末に発売された「eMAXIS 新興国株式インデックス」の方が安いのですが、純資産額が4億円とまだまだ少ないため、運用が停止される可能性があるからです。また、もうひとつの理由としてはeMAXISの場合、銀行引き落としができないのが痛いです。

早速本日、マネックスに資料を取り寄せました。来週積み立てるかどうか、決めたいと思います。


ブログランキングに参加しています。1日1回のクリックお願いします!
人気ブログランキングリンク用バナーくつろぐリンク用バナーブログランキング・にほんブログ村へ
Profile
管理人の使用口座

■SBIイー・トレード証券
業界No.1の口座数を誇るネット証券。株の売買手数料が格安なので、スライルもほぼ毎日使っています。昨年度から逆指値やPTS(夜間取引)もできるようになり、ますます使い勝手がよくなりました。デイトレード、スイングトレードの人には、特にお勧めです。

■マネックス証券
手数料は高いのですが、取扱商品が豊富で注文方法も多彩。ツイン指値と最大30日間有効の注文ができるのは大変便利です。他ではない貸し株サービスもやっています。投資情報も充実しているので、中・上級向けの方でも満足できるでしょう。スライルは投資信託(「インデックスTSP」「HSBCチャイナ・インドオープン」)の積み立てで使っています。

■セゾン投信
さわかみ投信、米バンガード社と組み、低コストの投資信託(ファンド・オブ・ファンズ)を直販しています。大人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、信託手数料が何と0.4935%!しかも5000円から積立でき、株と債券の比率が50%ずつで、世界の市場に分散投資してくれます。もちろん、スライルも毎月購入しています。

お知らせ
当ブログはリンクフリーです。
一見さんも大歓迎です(^▽^)/

管理人へのお問い合わせは
surairuinvest☆yahoo.co.jp
☆を@に変換して下さい。

スポンサードリンク